採掘難易度 (さいくつなんいど)

技術 投稿日時:2022/07/17 00:00
マイニングでブロックが生成される際に正解のハッシュを導く値(ナンス)を発見する難易度のこと。ディフィカルティー(difficulty)とも。
Bitcoinの場合、ブロック生成は10分に一度行われるよう調整されており、10分間隔を維持するために2週間に1度難易度調整が入る。

カテゴリー [技術] 技術(技術)に関する用語

Block DApps ODL Gas Limit ERC シビル攻撃 リキッドステーキング PoC コールドウォレット LPoS Optimistic Rollup OP Stack BEP721 トラストレス NFT 秘密鍵 ライトニング・ネットワーク マイニングプール コントラクトアドレス 採掘難易度 ERC1155 CBDC TRC20 LPoS EIP セルフィッシュ・マイニング ERC725 Taproot Truffle シャーディング Merge Peer to Peer アルゴリズミック・ステーブルコイン TxIn 公開鍵暗号 XRP Ledger 51%攻撃 パラチェーン 二段階認証 ウォレット サイドチェーン CEX ERC777 ERC1115 BRC-20 ハッシュレート PoS クロスチェーン DAG EVM
仮想通貨用語集
仮想通貨推しコインランキング
仮想通貨要約ニュース
仮想通貨取引所案内
エアドロップ・給付金情報